220V炊飯器ランキング

海外仕様220V炊飯器メーカー別ランキング

インターネット通販、百貨店、免税店、家電量販店などをチェックして売れ筋商品をランキングで表示しました。日々変化する売れ筋商品ですが長い目で見るとだいたいこんな順位に落ち着きます。

 

新製品が出ることもありますが220V商品は100Vと比べるとサイクルは長くいい商品が長く愛されている状況が続いています。これは購入した人の評判にも支えられている証拠でもあります。評判がいいからこそ売れ続けています。

 

インバウンドの現場でもマスコミで騒がれていた当初ほどではありませんが今も売れ続けている人気商品のひとつです。これは家電量販店や免税店の売り場の陳列棚を見ればわかります。目立つところに商品ライナップも豊富に並べられています。

 

それぞれのメーカーの特徴とともに紹介していきます。

 

1位
ランキング1位
タイガー/虎牌/TIGER
タイガー炊飯器

 

よく売れているのはタイガーです。日本でも炊飯器は一般的な家電メーカーより高い技術を持つ炊飯器メーカーが人気です。中国でもタイガーは高級なイメージがあります。日本に旅行に行ったら「タイガーの炊飯器を買うぞ!」と旅行前から決めている人も多いです。

 

タイガーの特徴は釜の種類です。土鍋釜、多層釜、アルミ釜など取り揃えています。高級なほど美味しく炊け人気になっています。

 

2位
ランキング2位
象印/ZOJIRUSHI
象印炊飯器

 

タイガーと並び人気なのが象印。こちらも炊飯器ならではの技術を持っているメーカーです。象印の評判は中国でも高く、せっかく買うなら関税が掛からない日本で安く買おうという人が旅行者数とともに増えています。

 

象印の特徴は圧力です。圧力の技術で他の炊飯器を圧倒しています。

 

3位
ランキング3位
日立/HITACHI

 

日立の炊飯器の特徴はわかりやすさです。外箱を見れば一目瞭然で特徴がわかります。中国人が炊飯器を買うときにチェックする項目が網羅されています。あとは他社と比較するだけの状態になっています。

 

4位
ランキング4位
東芝/TOSHIBA

 

東芝は真空という言葉を用いています。これが東芝の特徴です。家電メーカーらしくインテリアにもこだわったデザインです。

 

5位
ランキング5位
パナソニック/松下/Panasonic

 

中国ではパナソニックは松下と漢字で表記されています。松下のメーカーに対する信頼感は中国でも高く「壊れない」「安心」という口コミも多いです。炊飯器は他社と同じIHの機能を持ちながら価格が安く設定されているものもあります。

このページの先頭へ戻る